やきとり

イチコとニタロウの物語

嬉野温泉に行った話*イチコ3歳3ヶ月*ニタロウ6ヶ月

明日ニタロウの1歳のお祝いがあるので、うちの父も福岡に来ています。

 

 

それで思い出した嬉野旅行。

イチコが毎日幼稚園に通うようになる前にと、今年の3月末に行きました。

 

うちの父、母

私、イチコ、ニタロウ

 

 

嬉野温泉とは

 佐賀県嬉野市にある温泉。武雄温泉と並んで佐賀県を代表する温泉です。

日本三大美肌の湯として知られています。

とにかくお湯がとろとろで柔らかく、入浴後は肌がつるつるになります!

さらに、ここのお湯は飲用にも適しているそうです。

名物は「温泉湯豆腐」!!

それと嬉野といえば昔からお茶が有名なんですが、最近ではおしゃれな紅茶なんかも売られています。

佐賀出身の友達が何人かいるので、お土産にいただくこともあるのですが、あっさりしているので、紅茶の独特の風味が苦手な人にも飲みやすいです。

 

 

 

穴場お花見スポット メルヘン村

 3歳児と0歳児を連れての旅行なので、対象年齢の低い遊園地などを探しました。

昔、地域の子供会で行ったことのある「メルヘン村」をなんとなーくチョイスしたのですが…これがすごく良かった!!

f:id:yutan1986:20190925121251j:image
f:id:yutan1986:20190925121257j:image
f:id:yutan1986:20190925121301j:image

 

おわかりでしょうか??

 

お花見し放題!!!

ちょうど前の週、福岡にいる同級生でお花見を企画していたのですが、桜がたくさんある公園はどこもいっぱい・・・

車を停めるのにも一苦労でした。

 

ここはたーーーーくさん園内いたるところに桜の木があるし、ベンチや原っぱもあってお弁当も広げられれば、売店だってあります!!

 

「ここ、毎年お花見に来ようよ!!」ってくらい、かなりの穴場でした。

 

レジャーシート広げられる広場の近くには、3~5歳くらいにちょうどいい遊具があって、見通しもいいので、親はお花見しながら子どもを見ていられます。

 

 

広場の奥には、遊園地!!

回数券を買って乗るタイプの遊園地がありました。

メリーゴーランドや列車といった小さい子が乗れるものもあります。

 

そして、一回が長い!!

 

まだ止まらない!?って思うほど長かったです (笑)
f:id:yutan1986:20190925121304j:image

シュールなリスが・・・

 

 

 

砂場もありました。

ここは日陰になっていて、ベンチやテーブルもあり、砂場遊びしている横でのんびりできます。
f:id:yutan1986:20190925121254j:image

写真を撮ってないのですが、ボートが浮かんだプールもありました。

夏場は泳げるみたいでした。

 

ふれあい動物コーナーでは餌やりもできましたよー。

 

 

祐徳稲荷神社からの絶景

f:id:yutan1986:20190925121330j:image

次に向かったのは、祐徳稲荷神社

ここも「日本三大稲荷」の一つ。

こちらは鹿島市にあります。

 

写真を見てもわかるように、色鮮やか!!豪華絢爛!!

この外観から「九州の日光東照宮」と呼ばれているらしいです。
f:id:yutan1986:20190925121340j:image

上にあるのが本殿です。

さらに20分ほど登ったところに奥の院があります。


f:id:yutan1986:20190925121337j:image

途中の景色。

うちの父とニタロウは本殿まで。

下で待ってました。


f:id:yutan1986:20190925121334j:image
f:id:yutan1986:20190925121327j:image

有明海まで一望できます。

結構急勾配で、イチコは途中で「キツイ」と言い出しましたが、おんぶするのも危険だったので、なんとか歩いてもらいました。

 

 

 

子連れはやっぱり和室で部屋食

 夕方ホテルに到着です。

お世話になったのは 嬉野温泉 光陽

 

ここは絵日記でご紹介します。

 

f:id:yutan1986:20190925164738j:image

興奮しすぎ。

チョコレートの文字まできれーに食べてました。

f:id:yutan1986:20190925164753j:image

温泉宿でベビーベッドがあるところってなかなかないですよね??

これが親切でした。

お風呂を出たところにはレモン水とアイスが無料でありました。

f:id:yutan1986:20190925164832j:image

f:id:yutan1986:20190925164947j:image

f:id:yutan1986:20190925164957j:image

確かに完璧。

みごとにイチコセレクションでした。

 

 

今回、二間続きの和室で、夕飯は部屋食にしたのですが、これがやっぱり正解。

 

一日遊んで、温泉に入って、疲れ果てたニタロウはご飯直前に愚図りだしました。

ご飯を食べる部屋とは別に部屋があったので、そちらに早めにお布団を敷いてもらい、授乳してオヤスミ。

 

ご飯を食べ終わったころに、また愚図りだしたのでさらに添い乳で寝かせました。

 

これが他のお客さんと同じ広間だったり、レストランで椅子に座らせなければいけなかったりしたら、わたし、ご飯食べられなかっただろうなぁ…( 一一)

 

ほんとに、子連れ旅は、和室に部屋食ですよ!!

 

 

B級観光地 肥前夢街道

f:id:yutan1986:20190925121414j:image

次の日、開園と同時に入場!!

 

お客さん、誰もいません…(笑)


f:id:yutan1986:20190925121412j:image

千円くらいで忍者の衣装を着せてもらえます。

刀はプレゼントです。

 

この日は、前日に比べて肌寒かったので、ちょうどよかった(笑)

 

忍者ミッションをこなしながら進み、一時間ほどすると、お客さんが増えてきました。(よかった!!)

 

体験内容など、三歳のイチコにはちょっと早かったかなーという印象。

5歳くらいからいいかもしれません。

 

でも、なんだかんだで楽しんでました。

 

 

 

波佐見まで足をのばして 

波佐見とは長崎県東彼杵郡波佐見町のことです。

ここでのお目当ては、なんといっても焼き物!!

 

波佐見焼はとってもおしゃれでかわいいんです♡

 

向かったのは波佐見焼の製陶所跡を再利用した「西の原」

カフェや生活雑貨、グローサリーショップなどのおしゃれなお店が集まっています。

 

「南創庫」という波佐見焼セレクトショップで自分と旦那の分のお椀を買いました。

 

離乳食の食器もありました♡これ、お祝いにもらったらうれしい♡

 

波佐見焼ってカラフルなんですよね!きれいな色がたくさんあって、あれもこれも欲しくなりました!

友達へのお土産は波佐見焼のブローチとヘアゴム。

写真を撮ってなかったのが残念・・・。

 

自宅用に急須も購入。

 

 

その後、佐賀市内にある遊園地のような公園に行き、一日遊び倒して帰宅しました。

 

この間の沖縄宮古島旅行で、遠出は懲りたので、子どもたちが大きくなるまでは、九州・山口くらいで開拓していきたいなと思っています。

 

独身の時に行った場所でも、子連れだと違った視点で観光できるのが面白いです。

 

また、過去にイチコを連れていった旅行記もぼちぼち書きたいと思います。