やきとり

イチコとニタロウの物語

オススメ絵本*にじのきつね

f:id:yutan1986:20190619141121j:image

 

にじのきつね (えほんとなかよし)

にじのきつね (えほんとなかよし)

 

 

やまの ふもとに すんでいる、はたらきものの ごんべいじいさん。

としは とっても きもちは わかい。

きょうも、じまんの こえを はりあげて、しごとを しながら うた うたう。

 

七五調のリズムで歌うように読め、日本独自の古典のリズムを味わうことができます。

 

弟が読んでいた絵本なんですが、読み返してみて、話の内容よりも、このリズムに惹かれました。

 

七五のリズムが自然と身につけば、小学生、中学生になって古典に触れた時、どこで句切るのかがわかるのではと思いました。

 

内容は、ゆかいなごんべえじいさんと仲良くなりたい、きつねのつねきちが、空回りするストーリー。

 

2歳のときに始めて読んであげましたが、まだ少し早かったみたいです。

「ふーん」って感じでした 笑

 

たまに、「読んでー」と持ってくるのですが、結構長いので最後まで聞いていられないんです 笑

 

4歳〜5歳くらいからもう一度聞かせてみようと思います。