やきとり

イチコとニタロウの物語

オススメ絵本*あかいりぼんのおくりもの

 

あかいリボンのおくりもの (新しいえほん)

あかいリボンのおくりもの (新しいえほん)

 

 

娘の大好きな、ウサギさんが主人公のお話。

冬の終わりが近づくある日、家の前にあかいりぼんをむすんだこづつみが置かれていました。

手紙には、「しあわせむらへ とどけたら あけてください。」さっそくウサギのゆうびんやさんは、しあわせむらへ向けて出発します。

 

娘が2歳の時に読んであげました。3歳頃からオススメの長さになっていますが、主人公がウサギ、そしてたくさんの動物たちが出てくるので、娘の好みだったらしく、お気に入りの一冊になりました。

 

いつもは悪役のキツネが、このお話ではいい人なのも良い点。

キツネ=悪役というイメージがつく前にこの絵本を読んで良かったなぁと思いました。

 

すっかりそのイメージがついてしまってる私は、キツネさんがいい人のようにしていても、「どんでん返しがあるのでは?」と最後まで疑ってしまいました 笑