やきとり

イチコとニタロウの物語

オススメ絵本*ざしき童子のはなし*宮沢賢治

 

ざしき童子のはなし (画本 宮澤賢治)

ざしき童子のはなし (画本 宮澤賢治)

 

 

ぼくらの方のざしき童子のはなしです。

 

宮沢賢治の絵本です。少し方言が入っているし、言葉が難しいかな、と思って購入はためらってしまったので、図書館で借りてきました。

 

3歳の娘に読み聞かせましたが、気に入ってます。うちの娘は怖い話が好きなので、この話も好きみたいです。難しい言葉や方言は、「どういう意味かわかる?」と確認しながら読んでいますが、ほとんどがニュアンスでわかっていました。

 

前に紹介した「うめぼしさん」もそうでしたが、昔の言い回しって、意外と音が面白くて子どもにスッと入るみたいです。

 

やはり、宮沢賢治の文章は優しくて好きです。少し怖い内容のはずなのに、温かく体温を感じる「ざしき童子」が描かれていて、ちっとも怖くありません。

「こんなのがざしき童子なのです。」という一文がハハのお気に入り。

 

娘がいたずらをしていたり、後ろからそっと見ていたりした時に使います 笑