やきとり

イチコとニタロウの物語

妊娠中の旅行*国内編

こちらは第一子妊娠中の旅行の記録です。

妊娠中の旅行は賛否あると思います。今から計画を立てるという方は、自己責任でお願いします。

 

私たち夫婦は、入籍から3ヶ月後に披露宴を、さらにその5ヶ月後に新婚旅行を計画していました。

 

お互い子供はできたらでいいやーくらいしか考えておらず、(後々このノープランぶりを後悔することになります)まさか子供ができるなんて露ほども思わず…

ツアーなどではなく、全て自分たちでヨーロッパ旅行を計画、予約していました。

ツアーだったら、3ヶ月以上前だったからキャンセル料かからなかっただろうに…

 

旦那のいとこがフランスに住んでいたので、そこを拠点にイギリスやイタリアを回るつもりで、列車や向こうでの航空券も手配していました。

 

結果、全てのキャンセル料までは取られなかったのですが、料金が戻ってこない航空券もあり、20万の損失

 

まぁ、これはしかたない!

実際、キャンセルしてすぐに重い悪阻でそれどころじゃなくなって、キャンセルして本当によかったです!

 

しかし

 

安定期に入り、妊娠生活絶好調になると…

 

どっか行きたくなっちゃったんですよねぇ。

2人とも旅行好きなもんで。

 

海外は何かあった時が怖いから、国内なら大丈夫じゃない?!

ということで、お医者さんに相談。

「オススメはしないけど、止めるほどでもないねー」と言われ、無理しない日程で、ということで、

 

連日の猛暑の中、避暑地軽井沢へ

 

なんとこの旅行前に旦那が腕を骨折し、荷物も私が持ち、車も私が運転しました(普段から運転は私です)が、超絶好調!!

町歩きも、旦那が「もう疲れたー」という中で何時間も街を練り歩き、山道を抜けて滝まで行きました。

 

ホテルも妊婦、子連れに優しいホテルを選び、行き先も、特に決めず、体調を見ながらぷらぷらするというプランで。

 

しかしながらハプニングも。

第一子妊娠中、私はよく出血しました。原因は、子宮口がポリープ状になっていて擦れると出血するのだとか。

その出血自体は問題ないんですが、切迫早産などが原因での出血と区別がつかないという問題点が…。

 

だいたいが茶オリのようなものだったので、少し動くのを控えると止まっていました。

 

しかし、この旅行中…調子に乗って動きすぎ…2日目の午前中、出血!!しかも少量ながら鮮血…

 

すぐに近くの産婦人科を受診。

レトロですっごく雰囲気のいい病院で、優しい先生と看護師さんに診てもらい、「異常ないよー。きっと、自分もいるよーって自己主張してるんじゃない?^_^」って言われました 笑

 

国内で、自分としては疲れてもなく、のんびり散策したつもりでも、やっぱりどこかでいつもと違ったんでしょうねー。

(仕事は立ち仕事で、階段の登り降りも日に何回もあるので、いつもと変わらない運動量のつもりでした)

 

妊娠中の旅行の際は、

①医者の許可を得ること

②保険証、母子手帳を忘れずに!

③宿泊先の近くの産婦人科を調べておく

④カフェや座れる場所を観光の合間に計画的に入れる

⑤疲れたらすぐにホテルに戻って横になる

 

ということを覚えておいてください。

お医者さんに止められたり、妊娠中何か検査に引っかかっているなど不安材料がある人は、絶対にやめた方がいいです!!

何かあっては後悔だけでは済まされません。

旦那さんや自分の親にもよく相談して、絶対に無理をしない!が守れる人は楽しんでください^_^

 

私が言うのも変ですが、行ったつもりで旅費を貯めておいた方が、後々役に立つと思われます。(うちは海外キャンセル料も含めると40万ちかくこの旅行で使ってますから…)

 

 

だけど、軽井沢はおススメです♩

ほんと涼しいし、妊娠中ずーーーっといたかったです 笑

お洒落な雑貨屋さんも大好きなパン屋さんもいっぱい💓

子供が小さいうちはなかなかハードルが高いので、旦那様と2人だけの時に行くのもいいかもしれません^_^

 

 

るるぶ軽井沢'20 (るるぶ情報版地域)

るるぶ軽井沢'20 (るるぶ情報版地域)

 
旅行ガイド (ことりっぷ 軽井沢)

旅行ガイド (ことりっぷ 軽井沢)