やきとり

イチコとニタロウの物語

布オムツ育児④

では、布オムツ育児の思わぬ効果編いきたいと思います。

 

そもそも私が布オムツ育児をしようと思った理由は

 

①ゴミがでない

②経済的

③親がしてくれたように育てたい

 

の3つでした。

①については前にも書きましたが、現在3歳の長女の夜間のオムツが週に2、3枚。7ヶ月の長男の夜間オムツが1日1枚。長男のお出かけの時のオムツが週に数枚出るだけです。結果、燃えるゴミ袋小でも1週間で満杯になりません。

 

当然、②の経済的にもつながりますね。紙おむつの場合、オムツが取れるまでに、1人200万ほど使うそうですよー。確かに、3歳の長女が通う幼稚園では、3歳までに昼間のオムツが外れた子は半分くらいの印象でした。

今4歳の歳ですが、まだ外れていない子もいます。昔と違って、結構大きくなっても使ってるんですねー!

私も子供産む前は、一歳半くらいで外れると思ってました!!

実際、昔は布オムツが主流で、紙おむつは値段が高いから、夏になると漏らさせて、オムツ外しを強行したらしいです。

ホントは長女も防水シーツ使ってオムツ無しにしたい気持ちもあるんですが、睡眠を妨げるのはあまり発達によくないらしいです💦

そして、長女は一度寝ると、転がしても起きないので、おしっこに起こして連れて行くのは難しいでしょう…。4歳までに外れたらいいな…。

 

そして③ですが、ただ何となく思っただけなんです 笑

「昔の人がしよったっちゃけん、赤ちゃんにもよかとやろー」くらいの感覚です 笑

しかし、やるにあたって勉強してみると、ここの部分が最大のメリットでした!

まず、赤ちゃんとのスキンシップが増える

布オムツは少しでも濡れると気持ち悪いから赤ちゃんが泣きます。だいたい、おっぱいの後30分以内におしっこ二回、ウンチ一回します。これを1日に10回ほど繰り返すわけです。

しょっちゅうオムツ替えてるし、赤ちゃんに話しかけます。

私は結婚前、超子供嫌いでした。走り回る子供に舌打ちするくらい、ホントに嫌いで、赤ちゃんに赤ちゃん言葉で話しかけるなんて、恥ずかしくてできない!ってタイプでした。

布オムツで強制的にスキンシップを取ろうと考えたわけです 笑

そのおかげか、今では子供、好きです 笑

面白いと思えるようになりました 笑

 

他にもメリットはありました。

新生児から2、3ヶ月の赤ちゃんの肌は敏感です。うちの2人もお出かけが増えるとすぐに紙おむつにかぶれました。

そんな時は外出を控えて、布オムツオンリーにします。そうすると、すぐによくなりました。

 

また、しょっちゅうおしっこのチェックをするので、おしっこが出るタイミングがハッキリ分かることもメリットと言えます。

トイレトレーニングを始めると、まず自分からトイレに行くことはありませんので、親が誘導しなければいけません。布オムツでおしっこのタイミングがわかっていれば、声かけのタイミングは完璧です✨

長女は昼間のオムツ外しは1週間でほぼ完璧になりました。ウンチだけはなかなかトイレでしなかったんですけどね 笑

 

このように、思っていた以上の効果があった布オムツ育児。

 

私はやって良かったと思っています。

確かに2人目は大変です。上の世話もあるのにしょっちゅうオムツを気にしないといけない。

最初の数ヶ月はホントに大変でした。

しかし、おしっこの回数が減ってくると、そんなに気にしてなくても大丈夫です。洗濯だって、ウンチの回数減るから楽です。

何より、布オムツしているお尻が可愛くて癒されます 笑

たくさんのメリットがある、布オムツ育児、興味がある方は是非なさってくださいね^_^

 

 

はじめてみませんか 布おむつ&おむつなし子育て―ナチュラルかわいい

はじめてみませんか 布おむつ&おむつなし子育て―ナチュラルかわいい

 
新版 五感を育てるおむつなし育児

新版 五感を育てるおむつなし育児