やきとり

イチコとニタロウの物語

はじめてのお手紙*イチコ3歳10ヶ月

 

f:id:yutan1986:20191025111839j:image

f:id:yutan1986:20191025111852j:image

おかあさん

おかあさん

おかあさん

 

 

なぜチチに渡したのか。

 

 

その後、渡していたもう一枚の手紙には、ニタロウの名前を連ねていました。

 

 

イチコは夏休みを利用して、自分のフルネームと、数字を20くらいまで書けるようになりました。

 

それをとっかかりにして、ひらがなはだいたい読めるようです。

 

(勝手に絵本なんかで覚えていたので、読める字にムラがありますが。)

 

字を書くのも好きみたいなんですが、最近では、教えているとお互いイライラするので、イチコが聞いてきた字のみ教えています。

 

昨日の夕方、「おかあさん」と「ニタロウくん」の書き方を聞いてきたので教えたのですが、その練習した紙がお手紙になったようですね。

 

要するに、お手紙はお手紙ではなかったわけです。

 

ただの練習用紙が、イチコの気分によりお手紙へと変わったようです。

 

 

イチコからの初手紙を受け取った旦那は、中身を見て複雑な表情を浮かべていました。