やきとり

イチコとニタロウの物語

長男出産*出産時の夫

前回長女の出産から「お産の時は男は役に立たないが、見せた方がいい」

という結論に達したので、長男の出産時も立会いを希望しました。

 

しかし、2人目を産んだ病院ではへその緒は切らせておらず、ただ立ち会うだけということになりました。

 

 

2人目ということで、陣痛が始まった時にはもうすでに10分間隔を切っていました。出血もし出したので、そろそろ病院へ行こうかーと、娘を実母に託して、旦那と病院へ出発🏥

 

私が大荷物を抱えて

 

けっこうな陣痛が来てるのに、キャリーバッグやらボストンバッグやら、持ちもせずに車に向かう旦那。

 

「いやいや!荷物くらい待てや!!」

 

余裕のない私は叫びましたよ。

 

そして、病院には自販機もないので、コンビニに寄るように伝えるも、寄り忘れ…

 

病院を通り過ぎて先にあるコンビニに向かうも、あったはずのコンビニが閉まっていて、さらに先のコンビニへ。

 

うちから10分で着くはずなのに、20分ほどかかって病院へ到着。

 

診察してもらうと、すでに6センチ開いていたので病室には上がらずそのまま陣痛室へ。旦那も一緒にいくも、すぐに全開し、分娩の準備に入ったので、ものの20分ほどで家族室というソファーがある部屋へ移動させられました。

 

で、

次にあったのは産まれた後…

 

 

吸引分娩になったので、立ち会えず 笑

 

よく寝たであろう旦那が、朝6時頃、分娩室にやってきました 笑

 

1時間ほど分娩台で様子を見て、病室へ移動。

 

すぐさま帰ろうとする旦那。

 

 

 

いや、ちょっと待てと

 

まだ時間は十分ある

 

 

マッサージくらいしていけ。

ということで、上の子を幼稚園に連れて行くギリギリの時間までマッサージさせました 笑

 

そして、娘を幼稚園に送った後は、前回と同じく、家で寝なおしたみたいです…

 

2時に幼稚園終わりの娘を連れて遊びに来た時は、スッキリした顔をしていました。

 

立会い出産、へその緒を切った第一子の時とは違い、今回は陣痛から出産までほとんどノータッチであった旦那。

 

明らかに、違いましたよ。

 

 

私への扱いが。

 

 

なんか、軽いんですよ。

 

口には出さないけど、「2人目だから大丈夫でしょ?」感が漂ってくる。

実際に苦しんでるところを見てないから??

吸引分娩の凄まじさを目の当たりにしたら、こんな軽い扱いはなかったはず 笑

 

手術になるので、立ち会えないのは仕方ないにしても、分娩室の目の前とかで聞かせてたかった。

私の最後の叫びを。

自然分娩の時にはなかった、ただただ為すすべもなく引きずり出された、あの痛みを、世の男性に知らしめたい…。

 

そして、

2人目だろうがなんだろうが、痛いもんは痛いし、これから始まる育児は、1人目の時と比べもんにならんくらいハードなんだ!!

 

と、声を大にして言いたい。

 

まぁ、結論として、今回も夫は役に立ちませんでした。

それどころか、私のイラツボを突いただけで終わりましたけどね。

 

しっかり付き添っていたら、また違ったのでしょうか…。