やきとり

イチコとニタロウの物語

保育参観*年少さんの給食の時間

前回の続きです。

 

トイレから戻ってきた人は給食セットを出して準備をします。

イチコはモタモタしながらも、なんとかセッティング完了。

 

先生が、「準備が出来た人は、ご飯をもらいにお皿を持って並んでください」と指示をしています。

 

何度も。

たぶん、10回くらいした。

 

イチコが全く動く気配がないので、ハハは痺れを切らし、ついに声をかけました!!

 

f:id:yutan1986:20190709122730j:image

f:id:yutan1986:20190709122742j:image

何度呼んでも反応しないので、最初は小声だったのが、ついには大声に 笑

 

言われて立ち上がったイチコですが、お皿を持ってウロウロ。

 

え?いつもやってることじゃないの??

 

ようやく列まで行ったかと思うと、横割り…

 

最後尾の子が3人くらい、固まっておしゃべりしてたので、並んでるとは思わず入ってしまったんですね。

 

しかし、割り込まれた子たちも気づいてない…

 

こんなもんか…年少さんは…笑

 

なんか、ハムスターを見ている気分 笑

平和な世界だ 笑

 

 

すると、突然ピアノの音が!!

f:id:yutan1986:20190709123149j:image

今までガヤガヤしていたのが(ほんとは静かに待たないといけない)ピタっと静かに。

 

そして、先生のピアノが鳴り止むと同時に…

f:id:yutan1986:20190709123326j:image

え!!イチコ、あいさつの係なの?!

 

f:id:yutan1986:20190709123401j:image

だよね。

 

それくらいハッキリ大きな声で言いはじめるんだもん。

 

でも、年少さんって自分のことだけで精一杯なのに係なんてあるわけないよね…。

 

今回の参観で、イチコは家と変わらずリラックスして学校生活を送っていることがわかりました。

人の話を聞いていないのは引っかかりますが、健康だからいいんです。

と、思うことにしました。

 

物怖じしないのは長所でもあるかな!!

と思うことにしました…。